1. HOME
  2. 刀剣展示情報一覧
  3. 岐阜県
  4. 岐阜県博物館(図書館)千磨百錬 ーよみがえる赤羽刀ー

岐阜県博物館(図書館)千磨百錬 ーよみがえる赤羽刀ー

「赤羽刀」とは、第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収された刀剣のうち、元所有者不明のため博物館等に無償譲与された日本刀のことです。東京赤羽のアメリカ軍第八軍兵器補給廠(ほきゅうしょう=倉庫)に保管されていたことからこう呼ばれています。
平成11年(1999)に国を通じて譲与された3,209点のうち岐阜県博物館は168点を受領し、錆びつき、鞘を失った状態から、順次、研磨、外装の整備をしてきました。このたび、令和元年度までに研磨が終了した48点を2回に分けて展示します。初めて一堂に公開する岐阜県博物館蔵赤羽刀コレクションによって、多岐にわたる美濃刀をご覧ください。

※感染拡大の状況等によっては、展示・イベントが中止になる可能性がございます。ご来館時には事前に公式サイト、Twitter、Facebookからご確認をお願いします。

詳細

開催期間 2021年1月19日(火)~ 2021年3月14日(日)
休館日 毎週月曜日、図書整理日【1月29日(金)、2月26日(金)】
営業時間 10:00~18:00
開催場所 岐阜県図書館 2階 企画展示室Ⅱ ※岐阜県博物館ではありませんのでご注意ください。
〒500-8368 岐阜県岐阜市宇佐4丁目2−1
料金 入場無料
展示資料 岐阜県博物館所蔵の赤羽刀48点を2回に分けて公開(次回は令和3年度予定)
公式コンテンツ 公式サイトTwitterFacebook

関連催事

1. 展示解説(紙谷治宏 刀剣研究連合会会長)

日時:令和3年2月23日(火・祝)13:30~15:00
会場:岐阜県図書館 2階 多目的小ホール
定員:30名(先着順)
※要事前申込 受付:岐阜県図書館

2. 講演会「赤羽刀はこう観る 岐阜県博物館所蔵品から」(紙谷治宏 刀剣研究連合会会長)

日時:令和3年2月27日(土)13:30~15:00
会場:岐阜県博物館 マイ・ミュージアム棟3階 けんぱくホール(関市小屋名1989)
定員:65名(先着順)
※要事前申込 受付:岐阜県博物館

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、お問い合わせからご連絡いただけると幸いです。