1. HOME
  2. 刀剣展示情報一覧
  3. 岡山県
  4. 備前長船刀剣博物館 夏季特別展「武将・名家の品格 ‐受け継がれた刀剣」

備前長船刀剣博物館 夏季特別展「武将・名家の品格 ‐受け継がれた刀剣」

刀剣は、 身を守る武器としてだけでなく、 各時代で信仰の対象や褒賞品などに様々な用途で 活用されるとともに、美術品や威信財として所持されました。例えば、室町時代末期からの戦乱の時代には、武将に武功の褒賞品や、贈答品として、江戸時代では、武功の褒賞品としての側面より美術品やコレクション的なアイテムや、家の家格の象徴として所持されることが多くなります。しかしながら、いずれの時代でも共通していることがあります。それは、刀剣自体が、先祖が華々しく活躍した戦闘での業績を称える象徴でもあったことや、家の格式を示す一種のステータス的 な意味合いを持つことです。

本展示では、大名家をはじめとする名家に伝わった一級品の刀剣類を展示するとともに、 室町時代末期から江戸時代にかけ刀剣を所持することがどのような意味合いをもっていたのか 、当時の刀剣文化や風俗と絡めながら解説します。

※来館事前予約の受付開始:6月30日(水曜日)9:00〜​​
※感染拡大の状況等によっては、休館や開館時間が短縮となる可能性がございます。ご来館時には事前に公式サイト、Twitterからご確認をお願いします。

ご予約はこちら

展示刀剣

上杉家の秘蔵品であった国宝「太刀 無銘 一文字(山鳥毛)」を始め、清水宗治所持の短刀、紀州徳川家所蔵の太刀など 伝来品や武将にまつわる刀剣類を 中心に展示します。
・国宝 「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」上杉家伝来
・岡山県重要文化財 「太刀 無銘(伝国俊)」 讃岐松平家伝来
・「 太刀 銘 相州住広正作 」 鳥取池田家伝来
計 39 点 予定

詳細

開催期間 令和3年7月30日(金曜日)~9月12日(日曜日)
※8月12日(木曜日)の午前中は、パラリンピック採火式に伴い休館します
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日に振替)
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
※夜間開館は実施しません。
開催場所 備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館
〒701-4271 岡山県瀬戸内市長船町長船966
料金 一般:1000円、高大生・65歳以上の高齢者:800円
(学生証・年齢の確認できる身分証明書等をご提示ください)
中学生以下:無料
※障がい者手帳の持参者および付き添い一名まで無料
公式コンテンツ 公式サイトTwitterFacebook

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、お問い合わせからご連絡いただけると幸いです。